フェイク マフィアをはめた男




アメリカのFBI潜入捜査官の実話をもとにした物語です。

 FBI捜査官として働くジョセフは、マフィアに潜入捜査を行う。
FBIエージェントでありながら、裏社会の一人としてフェイク(架空)
の世界に身を投じるジョセフ。裏社会の中で、頭角をあらわし、マフィ
ア社会へと染まっていく日常。潜入捜査の実情を知らされずに待ち続け
る家族。マフィアとして、生きていくなかで苦楽を共にする仲間。そし
て6年もの潜入捜査が終わりを告げるとき、彼がとった行動は・・・。

この著者、ジョセフ・ピストーネって人は、このマフィア(ボナーノ・
ファミリー)が50万ドルの抹殺指令が出てるらしい。今もそれが
掛けられてるのか知りませんが、当時この潜入捜査によって、壊滅的な
ダメージをマフィアは受けたらしいです。

1997年に映画化されましたが、主演ジョニー・デップ、アル・パチーノ
というのは今では、もう見れない組み合わせじゃないでしょうか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。